10日午後の東京市場でドル・円は106円10銭付近と、変わらずの値動き。今晩の欧州中銀(ECB)での政策決定が注目され、足元は様子見ムードで売り買いともに手控えられているようだ。ただ、日経平均株価は前日比150円高で、株高を好感した円売りは続く。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円06銭から106円22銭、ユー…