7日午後の東京市場でドル・円は106円20銭台と、動意の薄い値動き。本日はレーバーデーにより北米市場が休場となるため、朝方から薄商いが続く。前週末に発表された米雇用統計の改善でドルは売りづらいが、日経平均株価などアジア株の軟調で円買いがドルの上昇を抑制する。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円22銭…