6日午前の東京市場でドル・円はじり安となり、105円60銭付近に値を下げた。日経平均株価はプラスを維持するものの、時間外取引の米株式先物は軟調地合いとなりリスク選好の円売りは縮小。ただ、ドルは今晩の株安観測で売りは後退し、対円では下げづらいようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円61銭から105円78…