18日午後の東京市場でドル・円は105円80銭台と、こう着した値動き。米株式先物は軟調地合いが続き、今晩の株安を想定したドル買いに振れやすい。ただ、米長期金利は戻りが鈍く、ドル買いを抑制。一方、日経平均株価は下げ渋っており、円買いは引き続き弱まっている。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円70銭から10…