11日午後の東京市場でドル・円は106円10銭台と、こう着した値動き。日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いだが、上海総合指数は弱含む展開が続く。時間外取引の米ダウ先物は現時点でプラスを維持するものの、夕方以降は反落する可能性もありドル買い・円売りは限定的のようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は1…