5日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。仲値にかけて110円後半から半ばにやや値を下げたが、その後は底堅く推移している。米株高観測を受けたリスクオンのドル売りが先行し、上昇基調のユーロ・ドルがドル・円を下押し。ただ、日経平均株価の堅調地合いで円売りがドルをサポートした。 ここまでの取引レンジは、ドル・…