24日午前の東京市場でドル・円はじり高。日経平均株価の30000円割れで、日本株安を嫌気した円買いに振れやすい地合い。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派姿勢を受けたドル売りの影響でクロス円が上昇基調となり、ドル・円はそれに追随した。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円19銭から105円49銭、ユ…