28日のニューヨーク午後の外為市場でドル・円は、109円74銭まで下落後、109円80-85銭レベルで推移している。バイデン米大統領が増税と大幅な歳出増を求める予算案を発表。NYダウは120ドルほどの上昇で推移、米10年債利回りは1.575%まで低下後、1.592%で推移している。