[欧米市場の為替相場動向] 15日のロンドン外為市場でドル・円は、109円71銭まで下落後、109円98銭まで上昇した。前日のパウエル米FRB議長の議会証言を受けた米長期金利低下にともなうドル売りが先行後、米長期金利の反発でドル買いに転じた。 ユーロ・ドルは1.1851ドルまで上昇後、1.1820ドルまで下落。イタリア中銀総…