15日のドル・円は、東京市場では108円98銭から108円79銭まで反落。欧米市場では、108円90銭まで買われた後、108円61銭まで下落し、108円76銭で取引終了。本日16日のドル・円は主に108円台後半で推移か。中国の1-3月期GDPなどの経済指標が有力な手掛かり材料となりそうだ。市場予想を上回った場合、ドル売り・円買いは縮小…