[欧米市場の為替相場動向] 9日のロンドン外為市場で、ドル・円は105円93銭から106円17銭まで上昇した。ポンドやユーロが買い戻し一巡後再び売られたことをきっかけに、ドル買いが優勢になった。 ユーロ・ドルは1.1787ドルまで上昇後、1.1754ドルまで下落。明日の欧州中央銀行(ECB)理事会への思惑からユーロ売りが再燃…