[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は106円を挟んで売り買いが交錯し、方向感の乏しい値動き。米10年債利回りは下げ渋るものの、戻りは鈍くドル買いは仕掛けづらいもよう。一方、米株式先物の下げ幅縮小とNY原油先物(WTI)の高値圏推移で、円買いは抑制されている。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円…