11日のドル・円は、東京市場では106円08銭から106円26銭まで反発。欧米市場でドルは、106円25銭から106円06銭まで反落し、106円16銭で取引終了。本日14日のドル・円は、主に106円台で推移か。米国金利の先高観は後退しており、新たなドル買い材料が提供されない場合、リスク選好的なドル買い・円売りは抑制される見込み。…