10日のドル・円は、東京市場では106円30銭から106円03銭まで下落。欧米市場でドルは105円98銭まで下げた後、106円24銭まで反発し、106円13銭で取引終了。本日11日のドル・円は、106円台前半で推移か。米国株式の反落を意識して、リスク選好的な円売りは抑制される見込み。 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は10日に行…