9月1日のドル・円は、東京市場では106円03銭から105円59銭まで下落。欧米市場でドルは105円61銭から106円15銭まで反発し、105円94銭で取引終了。 本日2日のドル・円は、106円を挟んだ水準で推移か。米長期金利は伸び悩んでいるものの、米国株式は強い動きを見せており、リスク回避的なドル売り・円買いは抑制される可能…