14日のドル・円は、東京市場では105円52銭から105円31銭まで下落。欧米市場では、105円47銭から105円04銭まで続落し、105円15銭で取引終了。本日15日のドル・円は、主に105円台前半で推移か。米長期金利の伸び悩みや米国株安を意識して、リスク選好的な円売りは引き続き抑制されるとみられる。 報道によると、ムニューシ…