15日のドル・円は、東京市場では105円75銭から105円61銭まで下落。欧米市場でドルは、105円81銭から105円30銭まで下落し、105円45銭で取引終了。本日16日のドル・円は、105円台で推移か。米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合結果と声明内容を確認する必要があることから、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く可能性が…