15日のドル・円は、東京市場では105円09銭から105円32銭まで反発。欧米市場では、105円18銭から105円49銭まで反発し、105円42銭で取引終了。本日16日のドル・円は、主に105円台で推移か。ウイルス感染拡大などにより、欧米経済見通しは不透明であることから、リスク選好的な円売りは引き続き抑制されるとみられる。 報道…