[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は105円半ばでのもみ合いが続き、方向感は乏しい。ポンドはドルや円に対して持ち直し、過度な警戒は弱まっているもよう。一方、欧米株価指数は高安まちまちのためリスク選好ムードは抑制され、ドルと円の売りは限定的のようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円35…