22日午前の東京市場でドル・円は弱含み、110円前半で小幅に値を下げた。東京市場の休場で薄商いのなか、前日の円売り後退で主要通貨は対円で値を下げた。一方、米10年債利回りの上昇は一服し、ドル買い収束を受け、クロス円はは下げ渋る展開となった。【要人発言】・バイデン米大統領「経済計画はインフレを長期的に抑制…