9月1日午前の東京市場でドル・円は弱含み。日経平均株価は上昇に転じたが、前日終値付近にとどまり円売りは抑制された。また、ユーロ・ドルは1.20ドル回復が視野に入り、全般的にドルが売られやすい地合いに。対円でも正午にかけてじり安となり、105円半ばに水準を切り下げた。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円5…