5日午前のアジア市場でドル・円は弱含み、109円前半でやや値を下げる展開となった。日本や中国の大型連休で薄商いのなか円買いが進み、ドルやユーロを下押し。この後も材料難で積極的な売り買いは手控えられ、方向感の乏しい値動きが予想される。 ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円29銭から109円38銭、ユーロ・円…