[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は底堅く推移し、113円台半ばの水準を維持している。米10年債利回りの戻りは鈍いものの、米国の高水準のインフレ指標やタカ派的な連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が予想され、金利先高観を背景にドル買いは根強いようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円48銭…