2日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。日経平均株価の上昇を手がかりに106円台を回復し、正午にかけておおむね大台を維持した。アジア株高や米株高観測で、リスク選好的な円売りが観測される。また、前日強含んだユーロ・ドルの失速で、ドルに底堅さが意識される。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円85銭から…