17日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和的な政策方針はほぼ想定通りとなり、ドルが他の主要通貨に対して買い戻された。一方、日銀は金融政策決定会合で現行の緩和的な金融政策の維持を決定し、円買いを抑制している。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円88銭から105円17…