[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は115円80銭付近と、変わらずの値動き。この後発表される米国のADP雇用統計や連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12月14-15日開催分)を前に、様子見ムードが広がる。雇用情勢の改善なら、利上げ前倒し期待のドル買いが予想される。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は115…