29日の東京外為市場でドル・円は反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の金利安でドル売りが続き、朝方に108円44銭まで値を下げる場面もあった。ただ、アジア株高を受けた円売りとポンド・円の上昇がドル・円をけん引し、108円90銭まで値を切り上げた。・ユーロ・円は131円60銭から131円99銭まで上昇した。・ユーロ・ドル…