2日のドル・円は、東京市場では110円67銭から110円43銭まで下落。欧米市場では、110円38銭から110円75銭まで反発し、110円67銭で取引終了。本日5日のドル・円は主に110円台で推移か。米雇用情勢の改善を意識して、リスク回避的なドル売り・円買いは抑制されるとみられる。 2日発表された3月米雇用統計は市場予想を上回る…