6日の東京外為市場でドル・円は下げ渋り。米金融正常化を好感したドル買いが先行し、早朝に116円18銭まで上昇。その後は安寄りした日経平均株価の下げ幅拡大で円買いが強まり、115円82銭まで弱含んだ。ただ、ドル買い基調は継続し、午後にはやや戻した。・ユーロ・円は131円43銭から130円76銭まで下落した。・ユーロ・ド…