1日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日経平均株価の続落を嫌気した円買いが強まり、一時109円33銭まで値を下げた。ただ、米10年債利回りの上昇でドル買いも観測され、ドル・円の下げは一服。目先はポンド・円や豪ドル・円などクロス円の値動きが注目される。 ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円33銭から109円6…