[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は上値が重く、110円10銭台でのもみ合いが続く。具体的な材料が乏しく、積極的な売り買いは手控えられている。米10年債利回りの上昇は一服し、ドル買いは入りづらい。一方、欧州株は堅調地合いのため、やや円売りに振れやすい。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円07…