15日の東京市場でドル・円はもみ合い。自民党の菅義偉総裁が早期解散・総選挙に否定的な見解を示し、安定政権への期待後退による円買いでドルは105円61銭まで下落。ただ、ユーロ・ドルの失速で、ドルは夕方にかけて朝方に付けた高値106円75銭まで値を上げた。・ユーロ・円は125円32銭から125円75銭まで上昇した。・ユーロ…