29日午前の東京市場でドル・円はもみ合い。ドル売り基調を反映し一時104円96銭まで値を下げた。その後上海総合指数の反転を受けた円買い後退でドルは105円10銭台に浮上したが、ユーロ・ドルの底堅い値動きでドルへの下押し圧力が続いた。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円98銭から105円12銭、ユーロ・円は123円0…