ドルは全般弱含み。ドル円は一時104.77円まで下落したほか、ユーロドルは1.1806ドル、ポンドドルは1.3013ドルまでドル安に振れた。米連邦公開市場委員会(FOMC)で積極的な緩和の継続方針が示されたことを受けて、米国株が底堅く推移。リスク・オンのドル売りが優勢となった。 米連邦準備理事会(FRB)は28−29日に開いた…