コロナワクチンの開発期待でダウ先物が急速に上げ幅を拡大し、ドル円が104.60円近辺から105.13円まで急速に値を上げた。米長期金利の上昇でドル売りは後退し、リスクオンの円売りが優勢となり、クロス円はしっかり。ユーロ円は124.44円、ポンド円は138.87円、豪ドル円は76.77円まで高値を更新した。