円の買い持ち高は4年ぶり高水準となった前週から減少も依然高水準を保っている。市場が円の買い持ちに過剰に偏っているため、上昇余地は狭まる。来週は感謝祭の祭日で26日は休場、27日も短縮取引となるため、参加者が限られ調整色が強まる可能性がある。同時に、重要指標の発表が目白押しで結果に注目が集まる。特に、成…