シカゴ先物のデータによると、投機家や投資家の円やユーロの買い持ち高が前週から減少した。来週は引き続き追加パンデミック経済救済策の行方を睨む展開となる。副大統領候補の討論会も開催予定で注目材料となる。何等かの合意が見られれば景気見通しの改善につながりドル買い材料となる。そのほか、消費動向を見極める上…