シカゴ先物のデータによると、投機家や投資家の円の買い持ち高が前週からさらに増加した。来週は、米国の7月JOLT求人、8月生産者物価指数(PPI)、消費者物価指数(CPI)さらに、欧州中央銀行(ECB)定例理事会に注目。FRBがインフレ指標として特に注視しているコアCPIは3月来の高水準となった7月に並ぶ予想だが2%の目標…