シカゴ先物のデータによると、投機家や投資家の円の買い持ち高が3週連続で増加し6月初旬以来で最高となった。市場が円の買い持ちに一段と傾斜したことも円が伸び悩んだ一因と考えられる。米国では追加財政策の行方や7月雇用統計など重要指標に注目が集まる。また、英国中銀は金融政策決定会合を開催する。今回の会合では…