報道によると、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は11月13日、パリクラブ(主要債権国会議)と合意した、最貧国を対象とした債務支払猶予イニシアチブ(DSSI)を超える債務措置が必要と指摘し、減免などに関する新たな共通枠組みを承認した。