報道によると、18歳以下の子どもへの10万円相当の給付について、政府が高校世代の16−18歳は対象者からの申請が必要な「手挙げ方式」とすることで調整しているもよう。