報道によると、米モデルナ社は9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済むワクチンの開発に着手していることを明らかにした。報道によると、モデルナは、RSウイルスなどに対する毎年接種するタイプの混合ワクチンを最終的に開発したい考えがある。