2日午前のアジア市場で豪ドルは0.7338ドルまで下落。本日2日に発表された4-6月期の豪国内総生産(GDP)は、前年比-6.3%で市場予想の同比-5.1%程度を下回ったことから、豪ドル売りが優勢となっている。