豪ドルは弱含み、債券買い入れは2022年2月頃まで継続する計画であることから、利益確定を狙った豪ドル売りが観測された。豪ドル・ドルは0.7468ドルまで買われた後、0.7412ドルまで反落。豪ドル・円は81円99銭まで買われた後、81円39銭まで反落。