[欧米市場の為替相場動向]米労働省が発表した8月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.4%と7月+0.6%から低下し5月来の低水準となったが予想+0.3%を上回った。前年比では+1.3%と、7月+1.0%から予想以上に上昇、3月来で最高となった。変動の激しい燃料や食品を除いたコアCPIは前月比+0.4%と、7月+0.6%から低下も予想+0…