経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団は18日、保有する傘下のインターネットサービス会社・恒騰網絡集団の株式すべてを売却すると発表。 310億円を調達すると報じられた。